1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 17:02:33.78 ID:YPwkGVqGi
勇者「いったいこれはどういうつもりだ?」

魔王「見ての通りだ。わたしたちに戦う意思はない。この城にいる魔物全員もご覧の通りだ。
   わたしたちはお前たちとの争いをやめ、安全に穏便に、平和にことを済ませたいのだ」

魔物「このとおりだ!」

魔物ども「「「ウボアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア」」」

剣士「あ、圧巻だな……これだけの魔物の群れが一斉に土下座する光景は」

魔法使い「しかも、わざわざ私たちを迎えるために城の入口まで来てくれたしね。どうするの勇者?」

魔王「もちろんそんな急に仲良くしようなどと言われたら困るだろう、それはわたしたちにもわかる。
   だから、なぜわたしたちがこのような結論に至ったのかということも説明する。なんなら今から城の中へ……」

勇者「馬鹿やろおおおおおおおおおおおおっ!!」メツブシ

続きを読む